トップページ > 猫種別注意したい病気 > ソマリ ~猫のペット保険選び~

猫種別注意したい病気

2016年05月26日  

» ソマリ ~猫のペット保険選び~

昔はアビシニアンの長毛種とされていたソマリ。筋肉質な体格や毛並みの光沢、アーモンド形の目など、顔立ちがよく似ています。
愛嬌がありおとなしい性格であることから、アビシニアン同様、日本でも人気の猫です。そんなソマリの魅力や性格などに加えて、かかりやすい病気などについてご紹介します。

ソマリの特徴

ソマリという名前は、アビシニアンの原産であるエチオピア(旧:アビシニア)に隣接するイギリスのソマリア地方に由来。当初アビシニアンの長毛種とされてきましたが、独自で交配・繁殖を繰り返すうちに独立種となりました。そのため、アビシニアンと顔立ちや性格がよく似ています。
細くてやわらかい被毛が上品で美しいソマリ。ライオンのたてがみのような首元の毛並みと、アーモンド型の大きな目にアイラインを引いたような、クレオパトララインが特徴です。
また、「鈴を転がしたような鳴き声」と例えられるほど、可憐な鳴き声も魅力的! 表情豊かで愛嬌があるので見ていて飽きません。



原産国 ソマリア
起源 1930年代
種別 愛玩猫
体高 30~35cm
体重 オス/3~4.5kg
メス/2.5~3.5kg
平均寿命 10~12歳

ソマリの性格・気質

神経質な一面も持ち合わせていますが、ご主人様には甘えん坊な性格。十分にスキンシップをとってあげましょう。
また、好奇心旺盛で運動も大好き。上下運動を含めた十分な運動をさせてあげてください。

ソマリのかかりやすい病気・ケガ

ピルビン酸キナーゼ
欠損症
ソマリがかかりやすい遺伝性の病気です。血液中の赤血球が存在していくために必要な「ピルビン酸キナーゼ」という酵素が不足して、貧血を引き起こします。
元気や食欲がなくなる、疲れやすくあまり動かない、体重が減少するといった症状が現れます。薬物投与や外科手術で治療します。
熱中症 暑い環境に長時間いることで体温が急激に上昇し、体温調節ができなくなってしまう病気です。ソマリは被毛が豊かであるがゆえに、熱がこもりやすく熱中症になりやすい傾向にあります。
息が荒くなる、よだれがでる、ふらつき、ひきつけを起こすといった症状が現れます。夏場の室内環境には十分に注意してあげてください。
腸閉塞 糸やリボン、紙などの異物を誤って飲み込んでしまうことで起こることが多い病気です。腫瘍や寄生虫が原因で起こることもあります。お腹が膨らんでいる、急に元気がなくなりぐったりする、食欲がなくなるといった症状がでます。
ほかの猫でも起こり得る病気ですが、好奇心旺盛なソマリはとくに注意が必要。飲み込みやすい小さい物は置かないようにしましょう。
真菌症 ソマリは皮膚疾患にかかりやすく、その中でも真菌に感染して起こる真菌症が多い傾向にあります。真菌に感染している動物との接触や、真菌のある環境下に行ったことにより起こります。円形のような脱毛ができる、フケやかさぶたができるといった症状が特徴です。
感染している可能性のある動物との接触を避け、ブラッシングやシャンプーをして皮膚を清潔に保ってください
尿路結石 猫全般がかかりやすい病気です。尿路である腎臓・尿管・膀胱・尿道のどこかに結石や結晶ができ、尿道がつまってしまいます。排尿の回数が増える、いつもと違うところで排尿をする、腹部を触ると痛がる、血尿が出る、うまく排尿ができないといった症状が現れます。
給水皿を複数用意してこまめに水分補給できるようにする、トイレを常に清潔に保ち気持ちよく排泄できるようにするなどして予防しましょう。

年齢別ソマリの保険料比較

その他よく読まれている記事



ペット保険比較トップへ